腎臓病を改善する食事療法|栄養分が豊富!

食事で病気治療

配達員

腎臓病は、症状によってカリウムや塩分、タンパク質を制限するなど食事療法の内容がバラバラです。腎臓病食の宅配は、あらかじめ調理済みの物が届くのでそのまま食べられるのがメリットです。管理栄養士が味付けとメニューを担当しているので、味付けやメニューも豊富で人気となっています。

More Detail

腎臓に負担をかけない食事

シニア

腎臓は食べた栄養から作られる老廃物や塩分を、体外に排出させる重要な役割を担っている組織です。そのため腎臓病になって腎臓の機能が低下すると、スムーズに老廃物を排出することができなくなり、健康に悪影響が出ます。腎臓は機能が低下すると、機能を回復させるまでには時間がかかるため、食事療法によって腎臓に負担をかけない治療を行います。腎臓病の食事療法としてはタンパク質を制限することが肝心で、タンパク質を減らすことによって、老廃物が減少するため腎臓の負担が小さくなります。食事療法ではタンパク質の摂取を一日で、30グラム程度に抑えることが好ましいです。肉や魚だけでなく、ご飯やパンにもタンパク質は含まれているため、腎臓病の人は食材に含まれている成分に注意します。

タンパク質の摂取を減らすことで体内の老廃物が少なくなりますが、高血圧になると腎臓の負荷が大きくなります。そのため腎臓病の食事療法ではタンパク質の制限と共に、塩分の制限も行って高血圧を予防することが大切です。加工食品にはイメージしているよりも多くの塩分が含まれているので、腎臓病の食事療法では加工食品は控えましょう。腎臓病の人は一日に摂れる塩分は、5グラム程度で抑えることが重要なので、食事療法では素材の味を活かした料理を作ります。スパイスや酢を上手に使うことで、味に物足りなさを感じることはないため、使用する調味料を工夫しましょう。最近では腎臓病の人の食事を、宅配で届けてもらえるサービスがあるので、そういったサービスを利用することがお勧めです。

便利なサービスがあります

食事

食事の宅配サービスには様々な商品があります。自身の状態や金額などと検討することがおすすめです。通常食事の他に糖尿病食や腎臓病食など持病がある方向けにカロリーや内容が考慮された商品の販売を行っているケースが多いです。

More Detail

おいしい食事にするには

宅配

糖尿病はとても怖い病気です。薬で治すことができず食事制限が必要です。糖尿病食は毎食カロリー計算が必要です。面倒で食事がおいしくないという人は宅配の糖尿病食がおすすめです。メニューが豊富で飽きずに続けることができます。

More Detail